土地活用の方法の一つがアパート経営!

売却を考えたことが数回ありました

土地活用の方法には様々な方法がある売却を考えたことが数回ありました所有する物件を最低でも50年は稼働させるつもり

私が所有している土地も、売却を考えたことが数回ありましたが、やはり思いとどまってアパートを建てることにしたのです。
もちろんマンションでもよかったのですが、私が所有している土地は、3階建てまでしか建てられないという決まりがあったので、4階建て以上であれば、鉄筋コンクリートや重量鉄骨のマンションでもよかったのですが、3階建てならば木造のアパートのほうが適しているのではないかと判断し、木造の3階建てのアパートを建てることを決断するに至りました。
もしも4階建て以上の高い建物を建てられるとしても、私個人的には魅力に感じません。
なぜならば4階建て以上であると、エレベーターの設置や水道のタンクを屋上に設置するなどの設備投資が大きくかかるからです。
さらにマンションであれば、鉄筋コンクリートや重量鉄骨で作ることになるために、木造よりも費用が掛かります。
ちなみに鉄筋や鉄骨は解体する際にも木造の解体以上に費用が掛かるそうです。
さらに付け加えれば、解体の騒音も木造以上に大きく、近所迷惑になることもあるそうです。
このように私の場合は、木造の3階建ての住宅を選びました。
昔は木造というと鉄骨等に比べて、ひ弱で火災にも弱く寿命も短いというイメージがありますが、日本古来の木造家屋が一番入居者にとっても落ち着くのではないかと思い、木造を選びました。
ちなみに1kや1ルームが混在した物件なので、それくらいの単身者向けのアパートであれば、なにもコンクリートや鉄骨にしなくても、良いのではないかと思ったのも事実です。
もちろん鉄骨のほうが重厚で頑丈であることは言うまでもありません。
もしも1LDKにするのであれば、重量鉄骨にしたかもしれませんが。